0 0
Read Time:24 Second

 

初めまして、うりうちゃんと言います。

この度無事独自ドメインの取得に成功したので、ブログの開設に際して挨拶をしたいと思います。

大まかな内容はこちらのページに記載がありますのでぜひご覧ください。↓

https://ambitiousaspies.com/about-me/

うりうちゃんのASD略歴

うりうちゃんがASDの診断を受けたのは2017年の冬ごろで、うつ病とAC(アダルトチルドレン)でメンタルクリニックに通っていたところ、先生に「もしかしたらアスペルガーかもしれないから、テストを受けてみませんか?」と言われたのがきっかけです。

論点を整理して話したがるところや人とのコミュニケーションに問題を抱えて疲弊しているところを見てそう判断したのではないかと思っています。

うりうちゃんの場合

  • 感覚過敏(聴覚を中心に嗅覚、触覚)
  • コミュニケーションの障害
  • 好きなものへの異常なこだわり

がASDの特性で発現しているのではないか、という方針を打ち出して再度うつ病の治療を進めています。

ASDと抗うつ薬の相性はあまりよろしくないのですが、当時は感情障害が激しかったため、2次障害だと思われるうつ病から取り掛かることになったのです。

アスペルガー症候群/ASDとは?

このブログではASDの日常的な困りごとや特性、エピソードなどを取り扱おうと思います。

ASDは発達障害の一種ですが、有名なADHDとは似て非なるものです。簡単に書くとこんな感じです。

  • ADHD:多動、不注意が主な症状。どこか憎めなくて明るい大変なうっかり屋さんが多い印象です
  • ASD:コミュニケーション能力に問題があり、ひとつのものに対するこだわりが以上に強い。感覚過敏があらわれることもある。有能だけど頑固な宇宙人のイメージです

どちらも発達障害であることに変わりはないのですが、ASDは知的障害を伴わない自閉症の一種で、言葉の裏の意味を汲み取ることができなかったり曖昧な表現(例えば「時間のある時にやっておいて」など)の真意がわからず手をつけずに時間が経ってしまう、というようなことが挙げられます。また感覚が鋭敏すぎたり鈍磨すぎたりするので、疲れやストレスのコントロールがとても下手なこともあります。

ADHDについては私も他人事としてしか知りませんが、どんなに気を張っていてもすぐに注意が逸れてしまったり、ものすごく頑張って覚えようとしているのにすっかり記憶が抜け落ちていたり、うっかりのベクトルの強制力が強いような印象です。こちらは特性としてコミュニケーションそのものに問題が見られることはありません。

ですので私が取り扱うASDはADHDに比べると

  • こだわりが強く(予定の管理も大好きです)
  • 感覚の偏りが激しく
  • ふとした時に話が通じなくて「??」という空気になる

という風に捉えていただけるといいんじゃないかと思います。

もちろん症状には個人差がありますので、発現する特性の組み合わせは人によって違います。

最後に:

このブログがきっかけでASDについてピンとくるものがあったり、当事者の方の悩みが解決できれば本望です。

ですがそれと同時にASDは人によって症状も違い、専門家の診断の元慎重なサポートが必要な障害です。

このブログは参考や一例であることを忘れず、全てのケースがご自身に当てはまるとはお考えにならず、また安易な素人判断での投薬などはなさいませんようお願い申し上げます。

それでは今後もよろしくお願いいたします。

Happy
Happy
0 %
Sad
Sad
0 %
Excited
Excited
0 %
Sleepy
Sleepy
0 %
Angry
Angry
0 %
Surprise
Surprise
0 %
Next post 聴覚過敏について:ノイズキャンセリングイヤホンしか勝たん

Average Rating

5 Star
0%
4 Star
0%
3 Star
0%
2 Star
0%
1 Star
0%

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA